fc2ブログ
マメルリハ、セキセイ、コザクラ、サザナミ、ボタン、ウロコ、オカメ達と、たった1羽のインコに出逢い鳥好きになった男と、生まれつき鳥好きな嫁と息子達の日記。

2009/051234567891011121314151617181920212223242526272829302009/07

っていうか、めっちゃ嬉しいんですけど!!いや、ガチで・・・。

昨日だけで、ウチのブログに37人もの人が来てくれてるっ!!

もちろん世の中には、もっともっともっとすごいブログがあるのはわかってますけど

こんなこと初めてな我が家にとっては大事件。

ウチだけじゃないと思いますけど、ブログを見てくれる人が増えていくたびに、

「こりゃあ、うかうかサボってられねーな・・・」って気になるので

めっちゃ励みになります。

これからも、たいしたことは書けないとは思いますが、よろしくお願いします。

そんなわけで、さっそく更新しよっと。

今日はこんなもの買いましたって報告です。
ニードル
なんだかわかりますか?

なんて質問は愚問でしたかね。インコ好きな人ばっかりだし。

そうです、「ニードル」です。

ぶっちゃけ、ちょっと前まで私は知らなかったんです。恥ずかしながら・・・。

幸いにも、ウチのはみんな健康優良児で絶好調の子ばかりでしたので

ランボのことがあるまでは、強制給餌にたいして

はっきり言って「対岸の火事」くらいにしか思ってませんでした。

「口から管をそのうまで通して、エサを送るってことだけ知っとけばいいだろ」

ぐらいの感覚だったのです。

今思えば、鳥達の保護者としてはイマイチでしたね。

遅すぎなんですけど、ランボのことがきっかけになり

強制給餌の勉強をしました。

もちろん、強制給餌の練習人形なんてものもないし、誰かで練習するわけにもいかないので

いまだに知識だけには変わりないのですが、

以前に比べれば少しはより具体的な知識となったように思えます。

んで、その時に知ったのが「ニードル」だったんです。

普通のフードポンプでも強制給餌はできるのですが

私の場合は技術面で不安があるので、少しでもやりやすい道具だけでもそろえようかと・・・。

これなら目視でそのうまで届いているのかどうか、わかりやすいですしね。

できれば、使いたくないけどなぁ。

まあ、道具をそろえて準備するのも「転ばぬ先の杖」ですが

病気にしないための健康管理をしっかりするのが

ホントの意味での「転ばぬ先の杖」なんでしょうけどね。
スポンサーサイト