マメルリハ、セキセイ、コザクラ、サザナミ、ボタン、ウロコ、オカメ達と、たった1羽のインコに出逢い鳥好きになった男と、生まれつき鳥好きな嫁と息子達の日記。

2010/01123456789101112131415161718192021222324252627282010/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペットショップ巡りが大好きなcup&羽でございます。

ヒマさえあれば、いろんなペットショップ(鳥を扱っているお店)を覗きにいきます。

世の中には結構いい加減なお店も多くて、いろんな珍しい鳥を発見できます。

そのたびに嫁さんと2人で「なんでやねん!」とツッコミを入れるわけですが・・・。

今までに見た中で面白かったのをいくつか紹介しちゃいます。

たとえば、

「どこからどう見てもノーマルにしか見えないバイオレットと書かれたコザクラインコ」

なんてのがいましたね。

店員さんに「これ、間違ってますよ。」って言ったら

「???・・・」と何が間違っているんだろうと不思議そうな顔してました・・・。



他にはこんなこともありました。

個人で昔からやっているペットショップで、普段はセキセイやオカメ、文鳥など

いわゆるメジャーな鳥くらいしか扱っていないところなんですが

ある日そのお店を覗いてみると、珍しく「キビタイボウシインコ」がいるじゃないですか。

珍しいなぁって思って私がそのお店のおばちゃんに

「あ、これって・・・」って言いかけたら

「あ、これはね、え~っとね、え~っと、なんだっけな・・・」と悩みだしたので

私が「キビタイボウシインコだよね」って言おうと思ったら

「あ、そうだ、頭が黄色だからキガシラオウムだ!」と・・・。

おいおい、このおばちゃん、新種の鳥つくっちまったよ・・・。



あ、こんなのもあったな・・・。

「ブリード用ヤエザクラインコ」・・・。

私の知ってるヤエザクラは遺伝子の関係で繁殖能力を持たないはずだが・・・。



他にもいくつかあったのですが、いくら犬猫に比べてマイナーな鳥の世界とは言っても

お店で扱う以上は、もうちょっと勉強してもらいたいですよね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。