マメルリハ、セキセイ、コザクラ、サザナミ、ボタン、ウロコ、オカメ達と、たった1羽のインコに出逢い鳥好きになった男と、生まれつき鳥好きな嫁と息子達の日記。

2010/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312010/04

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。
ブログ更新めっきり遅くなってしまいました。。。

真っ先に旅行記を書きたかったのですが、
ここでみなさんに先にお伝えしなければならないことがあります。

我が家の天使ごましおちゃんは3月24日の朝、神様のもとへ飛び立っていきました。。。


前回の記事にも書かせていただいていたように
ずっと元気でいて、友達のHちゃんもきちんとあたしの説明通りに
体重を計り、ごはんもお薬もあげてくれて、そしていっぱい遊んであげてくれていました。

るーに兄ちゃんあたま濡れてるで。

Hちゃんは忙しい中も、あたしがごましおと離れるのが淋しいのをすごくわかってくれていて、
元気でいる姿を何度も写メで送ってくれたり、楽しそうに遊んでいる様子を
知らせてくれていました。

ぐりちゃんと仲良しごま。


前日の夜も、いっぱい遊んでいつものハムスターハウスでねんねしたごまちゃん。

朝、そのベッドから出てきてくれなかったそうです・・・。

朝ごはんを食べに行ったカフェで注文をしようとしたときあたしの電話が鳴り、
思いもかけない言葉を耳にして、呆然としてしまって・・・。

号泣しながら何度も何度も謝ってくれる彼女に本当に申し訳なく思いながら
どうかプランターに葬ってあげてほしいとお願いしました。。。

友達たちとの楽しい旅行。
もし、あたしが取りやめて家に残ってたとしても、きっとこのお別れは
やってきたに違いありません。

みんなと一緒だからだめだ。

そう思いながらも涙が止まらなくて結局朝のカフェで大泣きしてしまいました。
一緒に行っていたNonちゃんもハリーさんもそんなあたしを抱きしめて一緒に泣いてくれました。

もう、本当に何がなんだかわからないくらい辛くて
突然の悲しい知らせをどういう風に飲み込めばいいのか
この現実をどう乗り越えたらいいのか・・・




あかちゃんだったごましお。



ごまちゃん、いっぱいゴハン食べさせてしまったために
余計に辛い思いさせちゃったね。
すこしずつしかゴハン食べられなくなってひもじかったよね。
いつも手から離れなくて、手を必死に咬んでおねだりしてたごまちゃん。
あなたのつけたくちばしの跡さえ愛しいのに跡形もなく消えてしまった・・・。

上手に飛べるようになってたのにね。
プラケースでいつも大暴れしてごはんをねだる姿を見るのが辛くて
隠れたり毛布かけちゃって逃げてたママは本当に酷いママだったね。

だけどごまちゃん、あなたは本当に特別だった。
今もこれからもずっとずっと絶対にそれは変わらない。
あなたは短い時間を精一杯生きて、あたしたちにたくさんの笑顔と
幸せをふりまいてくれました。
あたしたちもそんなあなたが大好きでそれはそれは愛しくて
本当に全ての愛情をあなたに注ぎました。

あなたが我が家に生まれてきてくれたこと、本当に本当に感謝しています。
ごまちゃんきっとまたうちの子になって生まれてきてくれるよね。

それまで待ってる。
ほっぺたほわほわしたら気持ち良さそうにしたり、ニギコロも上手にできたよね。
手や指を咬んでもいつも甘咬みで。だけどちょっと痛くて。
そんなあなたをやさしく撫でるといつもニコニコ笑ってたよね。

だからごま、ママは待ってる。ママもずっと笑って待ってるよ。
ありがとう。ごまちゃん。

大好きハムスターハウス。



追伸・・・

幸せな最期を迎えさせてくれたHちゃんはもちろん、
ブログでごましおをご紹介してくださった「大切な鳥たち♪」のひよママさんをはじめ、
たくさんの方々から温かいお言葉、応援をしていただいたこと、言葉では伝えきれない程感謝しています。
本当に本当にありがとうございました。

小鳥というちいさな命とともに過ごして行く中で、辛い悲しい思いをすることは
これからもきっと訪れることなのでしょうが、別れの悲しみよりもその子と出逢えた喜びを
思うことで少しずつ少しずつ乗り越えていくことができる様な気がします。

またこれからも小鳥のくれるたくさんの幸せと喜びをこの場所に綴っていきたいと思っています。
拙い言葉で長い文章ですみませんでしたが最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございました。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。