fc2ブログ
マメルリハ、セキセイ、コザクラ、サザナミ、ボタン、ウロコ、オカメ達と、たった1羽のインコに出逢い鳥好きになった男と、生まれつき鳥好きな嫁と息子達の日記。

2010/051234567891011121314151617181920212223242526272829302010/07

こんにちは。羽でごじゃいまっす。ペコリ(o_ _)o))
今日は暑かったですねー・・・死ぬかとおもった(ウソ
これからもっと暑くなっていくと思ったらいやんなります。。。

ご存知いただいている方もいらっしゃるか思いますが
我が家には2羽のサザナミちゃんがいます。



ブルーのロビンとオリーヴのチョビン。

ロビン


ロビンをお迎えしてひとりぼっちでは淋しかろう…と思っていた矢先、
ネットで見つけ、どうしても欲しくなって飛びついちゃったチョビン。

ちょびん1



二人とも始めはズクダンズンブングンゲームのようにケージの中をぐるぐる回っていたのですが、
すぐに仲良くなり、同時にあたしたちをムッシングするようにもなり(悲

だけどふたりともホント病気もなく、すくすくと育ってきてくれました。
お迎え後の健康診断以外で病院に連れていくことも全くありませんでした。


DSC_0040_20100604221656.jpg


最近、ロビンがチョビンにごはん(愛ゲ○)をねだったり、
ケージ下でウッフンポーズ(最近こればっかりかよww)をしてたりして
猛烈アタックだったんですが、チョビンは「?」って感じだったのでした。

DSC_0073.jpg


あまりのアピールぶりに、しぶしぶごはんを吐いてあげたりもしていたのですが、
「あたしがいいっていってるのに、あんたってなによ!!」といわんばかりに
ロビンが怒り狂い、すたこらさっさと逃げるチョビンの姿もみられました。

「サザナミのDNA鑑定、そろそろしなきゃな。」とcupが言い出し、
「じゃあ、健康診断もしばらくしてないし、病院へ連れていってみる。」と行ったのですが、
先生に最近の行動やらを説明してみると、
やっぱり尻尾をあげてウッフンポーズをしているロビンは女の子だろうと。

「じゃあ、チョビンだけお願いします。」と羽根を何本か抜いていただき、
検査へ出すことに。
結果は10日くらいしたらでるので、簡単な健康診断をしていただいたりして
そのまま帰りました。

こないだの日曜日のこと。
あたしたちが出かけていて留守番していた長男からの電話。
「チョビンのケツから赤い身みたいなんがでてるけど…」

「え゙え゛え゛え゛っっ!?」なんなんそれは!!!!!!!!

帰宅してソッコー、チョビンのお尻を覗き込みまくる変態たち。

「なんもないで??」
「あれ??ほんならへっこんだんやな。」
「・・・ていうか、チョビン腹デカない??」
「ほんまや。卵??!!」

もしかしたら、卵を産む場所を探していて困ってるんでは・・・と
cupが巣箱を大急ぎで設置しました。

ですが一向にチョビンは巣箱に入る気配はなく、
結局、エサ入れの下から血のついた卵が次の日見つかりました。。。

ていうか、ていうか、女の子やったんやん・・・。
こんなに早くわかるんやったら
DNA鑑定いらんかったやーんww

今もまだおなかが大きいチョビン。
良かったことに2個目はフツーにキレイな卵でした。
まだ産んじゃうかなー・・・。

どうか無事に発情が治まりますように。
このままだと心配なのでロビンとの隔離も考え中です。。。


「サザナミのコが欲しい」とまたしてもcupが言い出した。
全くもってほしがり屋さんすぎやろが・・・。

DSC_0127.jpg


ランキングに参加しています!
にほんブログ村 鳥ブログ インコへ
にほんブログ村(インコ)

スポンサーサイト