fc2ブログ
マメルリハ、セキセイ、コザクラ、サザナミ、ボタン、ウロコ、オカメ達と、たった1羽のインコに出逢い鳥好きになった男と、生まれつき鳥好きな嫁と息子達の日記。

2010/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312010/09

こんにちは。
里親様募集していたマメルリハの子たちも
無事に全員あたらしいパパ、ママの元へ旅立っていきました。

我が家ではほとんどの子がお迎えにあがらせていただいてきたのてすが、
やっぱり「送る」という作業はとても身体に悪い・・・ですww

まずはお相手様の住所から、西濃運輸の生体陸送が可能かどうかを
我が家から近い支店(2箇所・でもビミョーに遠い。高速使用)に電話して、
夜ギリギリにお店に持ち込んで朝一番で支店止めが出来るかどうかを確認。
この季節、暑いので昼間ガタゴトと暑い荷台でいさせるわけにはいかないので
夜中に走るのしか無理なので、確実にするためにこちらの支店も着荷する支店にも
しつこく確認。

よし、完璧だということでcupが買ってきたプラケースをダンボールにセットして、
動物取扱業のあれこれも印刷して、ひとりずつ、ご希望の日に送っていました。

はじめての時はとてもスムーズにお迎えしていただけて、
だけど夜中まで何回も問い合わせ番号をみて、「どのへんにおる??」と
監視しまくってました。

二度目は初の空輸。仙台へ1時間ちょっとで着くときき、
セントレアまでcupと次男と3人で行きました。

いちいちこれがしちめんどくせーことで、
入航口で全員の名前やらを書かされ、全員のIDカードのようなものを手渡され、
ゲートがやっと開く。。。
これからこのようなご予定があられる方は一人でいったほうがいいかもしれないです。
で、グルグルと一方通行をまわり、JALの窓口へ。
「小鳥さんなんでよろしくお願いいたします。」と
何度も頭を下げ、早速里親様へ「今お送りしたので、何時何分くらいには着きますので
よろしくお願い致します。」と電話。

またしてもカードが必要でしっかり確認後、ゲートをくぐり
高速に乗ったときでした。。。

cupに先ほどのJALからの電話。
「仙台で霧がひどいので、もしかしたら成田にいくか、引き返してくるかもしれない。。」と。
「え゛え゛え゛え゛・・・。それは困ります。。。」
引き返してきたならばまた引き取りにいけばいいのだけど
成田なんて行かれた日にゃあ、どないせぇっちゅうねん。

「これはカメラマン師匠に頼んでsun。ちゃんにちょっと世話してもらっとくしかないか。。。
だけどこの子挿餌中やし・・・どないしよぉぉぉぉおおお!!」と
高速降りて悩みに悩んだ挙句、
「その着陸できない可能性ってぶっちゃけどのくらいなんですか?」ときくと、
「たぶん大丈夫だと思います・・・。ですが、万が一の為に一応お客様にはお伺いしなければいけないので」
とのこと。
もぉ、仙台でお待ちしていただいている里親様のご希望日でもあるし、
とりあえず載せて・・・あとはなんとか考えよう!!と
強行?突破したのですが、ちゃんと、届きました。
ふぅ・・・。

もぉ、ドキドキさせんといてよ!!

と思っていた矢先、次の陸送でもまだしてもドキドキすることが。
ご住所からいくと違う支店になってしまうんだけどこちらの支店のほうが近いのでと、
支店をご指定して下さった里親さま。

もちろん、また「ちゃんと届くか」としつこく電話をかけ、
OKだということで、高速にのってレッツゴー!!

「小鳥ですので・・・」とまたくどくどいいながら、
「○○支店止め」と書いておいたにも関わらず・・・。

里親さまから「問い合わせ番号で確認したら違う支店止めになっていたので
変更しました。とメールが!!!

えええ゙え゛エ゛゛エ゛エ゛エ゛゛゛゛!!
ちゃんと書いたやんけー!!
何回もゆーたのになんやねんそれはーーーー!!

結局、朝の八時頃に無事に○○支店へ届き、無事お迎えしていただけたのですが、
腹が立って仕方なくて、
ええ、羽さんクレームですがな!!
だけどかかってきたおっさんの電話は・・・
「送り先の住所でそちらの支店になってしまったみたいです・・・。」
「だから何度も○○支店って言ったでしょ!?」と
言っても「はぁ・・・ええ・・・」とアホですか?
なんともいけすかんやつでね。
イラっとしながらも先方様にもちゃんと謝罪してくださいといってやりました。

なのに・・・なのに・・・次は同じ○○支店に届くはずが、お昼になっても経由ターミナルで
いるとのこと!!!なんでやねん!!
結局里親様がターミナルへ引き取りに行ってくださり、それが昼過ぎ。
おいおいおい・・・「夏休みで道が混んでた」というけどよぉ、6時間以上も
かわるんかい。ありえへん。
さすがにcupもブチ切れて本社へクレームのメールを出したけど
「しー・・・ん」音沙汰なしですわ。

ぼけかぁ!?死んだらどないしてくれるんぢゃあ!!
しかもチョンボした支店はいつも同じで、大体からしてどんくさいんぢゃ!!
もっと生体であるということに気遣いができないなら、中途半端に請け負ってんぢゃねー!!
と幾度と繰り返された5羽のマメルリハ発送・・・。

取り残されたミニキャリーが淋しい。。。
ああ・・・だけどみんな幸せになってね。
あたしたちが小鳥たちにもらえてるパワーを里親さま方にも
たくさんふりまいて元気で暮らしてね。
かわいい挿餌時代をありがとう。
あなた達と出会えてよかったよ。生まれてきてくれてありがとう。



ランキングに参加しています!
にほんブログ村 鳥ブログ インコへ
にほんブログ村(インコ)

スポンサーサイト