マメルリハ、セキセイ、コザクラ、サザナミ、ボタン、ウロコ、オカメ達と、たった1羽のインコに出逢い鳥好きになった男と、生まれつき鳥好きな嫁と息子達の日記。

2010/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去年の4月に我が家にやってきた「リトルママ」。

しばらく活躍の場が与えられずにいたのですが、

つい最近、コザクラのヒナを孵化させてくれました。(12月25日の記事

そんなありがたいリトルママなんですが、誰かさんの不注意により

コザクラのおっちゃん1羽をこの世に誕生させて、帰らぬ人となってしまいました・・・。

おっちゃんは生まれてすぐはリトルママの中で生活していたのですが

身体も大きくなってきたし、羽も生えてきたので、

10日ほど前にフゴ+お手製保温ケースに移されたのです。

で、次に活躍するまできれいに掃除して保管しておこうと思ったのですが・・・。

リトルママを使ったことがある人ならおわかりだと思うのですが

卵を温めるときに温風で乾燥しすぎるので、水を本体にいれるのです。

んで、その壊してしまった誰かさんはリトルママの中のホコリを落そうとして

本体に水が入っていることを忘れてひっくりかえしてしまったのです。

もうお分かりだと思いますが、その水が原因でリトルママが壊れてしまいました。

実はこうして壊してしまう人が結構いるらしいので

メーカーにはその辺りの改善を要望したいところなんですが

わりとお手頃価格なんで、そこまで期待してはいけないところなのか・・・。



というわけで、次のことも考えてさっそく新しいものを購入したのですが

どうせ買いなおすなら、同じものより違うものを・・・ってことで

今回はリトルママより一回り大きなこちらを買いました。

ミニアドバンス

BRINSEAの「Mini ADVANCE」です。

BRINSEAはブルーダーなんかも作ってるとこですし、

「これはきっと大丈夫に違いない!!」と勝手に思い込んで

誰かの評判も聞かずに購入してみました。

早速使ってみたいとこですけど、こればっかりはなぁ・・・。

とりあえずもうしばらくしたら、ウロコ、マメ、クロボタンなどに巣箱を設置するつもりなんで

ひょっとしたら活躍するかも・・・ですね。

もちろん親がちゃんと孵化させてくれるのが一番ですけどね。

使うことがあったら、また報告したいと思います。

あ、ちなみにリトルママを壊してしまった「誰かさん」とは

誰のことだかわかりますか?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。