マメルリハ、セキセイ、コザクラ、サザナミ、ボタン、ウロコ、オカメ達と、たった1羽のインコに出逢い鳥好きになった男と、生まれつき鳥好きな嫁と息子達の日記。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日こんなのを見つけました。
癒しの絵本作家のシンガーソングライター、
あきばたまみさん(風音色)の
「インコの手紙」経済界 出版
もぉ観てすぐに号泣。
cupに、「こんなん観て泣いてた」とまた一緒に観て号泣ww

このお話を読まれる方によって、それぞれの解釈は違うと思うのですが・・・
羽的にはこんな風に感じました。

「子どもに命の大切さを知ってもらいたくて」とペットを飼う人は多いと思います。
けれど、どれだけの人がきちんと手取り足取りで1から扱い方や、お世話の仕方を
教えているのでしょうか。
子どもは何もわかっていないのだから、いらんことして当たり前。
私の経験上、「そうしてはならない」と教えている人は少ない気がします。
命を預かった以上、その飼い主が生き物の喜びや悲しみ、すべてを左右するのだから、
個々の扱いをきちんと子どもに教えるのが買い与えた親の義務だとおもうのです。

この絵本の中での「あなた」はきっと扱いを親から教えてもらうことなく、
こういう酷い、虐待まがいなことをしてしまっていたのだと。

愛情があって最期に泣くくらいならきちんとお世話をし、
短い寿命を幸せなものにしてあげるのが飼い主の役目だと思うのです。
ペットとして飼われる仔たちは私たち人間より命が短いのです。
何をされても無償の愛をくれるペットたちに私たちができることは
できる限りの幸せをあげることだと思います。

人間の勝手で捨てられる犬や猫、助けてあげられるのも人間でしかないのです。

えらそうなことを言っても、うちの仔たちがどれだけ幸せなのかは
私たちの自己満足でしかないかもしれません。

この絵本の中での出来事は稀なことではないような気がします。
今、ゲームやテレビばかりで暴力や死んでも生き返るような本来ならば
ありえない世界に子ども達はすっぽりとはまりつつある世の中。

本当の命の大切さをどうか子ども達、そしてそのまま大人になってしまった人たちに
知ってもらいたいと、切に願うばかりです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
色々と考えちゃいました
最後の[ぼく]の台詞「ぼくは あなたを 愛しています」がとても辛い一文でした。

私は、小鳥達を幸せにしてあげれているのでしょうか?
最後の時を迎える時「お父さんのお家に迎えられて幸せだったよ」って思ってもらえるでしょうか?「後悔せずに全力を尽くして愛した」と言えるでしょうか?
「忙しいから」「疲れたから」そんな理由で後回しにしていないでしょうか?
etcetc...

動画を見て自分自身に沢山の問いかけをしました。
[あなた]はきっと私を映す鏡。

もっとちゃんと愛したい。
今すぐ抱きしめて「愛してるよ」と伝えたい。
もっと幸せになって欲しい。

私には、こんなことを考えさせる動画でした。
2009/10/21(水) 11:16 | URL | 要 #u2lyCPR2[ 編集]
これね~・・
私もちょっと前にネットで見て、会社なのに号泣しちゃいました(誰も居なくてよかった・・)
うんうん、確かにそういうメッセージ感じるね。(実は、“可哀想”ばっかで深く考えてなかった、私)

もう一度、じっくり見て考えたいけど、今も会社なので、見れないわ(絶対、泣くし・・)
2009/10/21(水) 11:56 | URL | ハリー #-[ 編集]
★要さん
そうですよね、最期の言葉、胸がきゅっとなります。
「無償の愛」ってこのことですよね。
私もその都度の精一杯のことは、してあげよう。と思い日々生活していても、失くしてしまうときはいつも後悔の念が先にたってしまいます。
誰もが「もっとこうしてあげればよかった」と過去の自分の行い以上のものを求めることになってしまうことも多いと思うんです。
要さんの思い、痛いくらいにわかりました。
掌で全てを預けてモフモフになってくれている姿、ケージで水浴びをする姿、ブランコで揺られてる姿etc・・・どれも愛おしくて
私も、言葉を交わせない相手だけれど「愛してるよ」と毎日言わずにはいられません。
今まで以上に愛情を行動しないとな・・・と思う今日この頃でした。
2009/10/21(水) 15:24 | URL | 羽 #-[ 編集]
★ハリーさん
from会社ありがとww
やっぱり号泣コースでしょ。

これを観てcupも真面目な顔してたくせに、
「どうしてぇぇぇえ♪と゜ぉぉおおしいぃぃぃてぇ♪」とすぐに
歌いだすアホなおとこです。
どうなん?アイツ・・・ww
それを聞いてまた半泣きになるあたしって、どうなん??ww
2009/10/21(水) 15:29 | URL | 羽 #-[ 編集]
正直、言葉が出ません。
これを観て色々とこみ上げてくる感情があるのに、
それをどう言葉にしていいのやら。
「鳥の飼い主への十戒」を読むだけでも泣けてくるのに、
映像つきで最後に「愛しています」なんて・・・

ペットとして飼われている子には限られた自由しかない。
何か訴えようとしても、それを問題行動と捉えられてしまうこともある。
だからこそ、根気よく付き合っていかなければならないし
出来る限り快適に暮らせるような環境を作ってあげよう
そうは思っていても、それが本当に出来ているのか・・・。
まっすぐな目を見ているとこれじゃダメだ、もっともっと!
といつも思うんですけどね。
「ことりの手紙」この先、ちょこちょこ見ることになると思います。
自分への戒めのためにも。
2009/10/21(水) 17:07 | URL | ぼつこ #-[ 編集]
★ぼつこさん
('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン
すごく同感です。
ぼつこさんのおっしゃる通り。
ぼつこさんのお言葉で、
本当に、彼らの自己主張の方法は
限られていて、そこだけで、
「悪い子」や「咬むからいやだ」と
言われてしまうのもどうかと思います。
彼らがそうするにはそれなりの理由があって、
私たちに原因があることも改めて考えさせられました。
ぼつこさんの優しい気持ちがそうさせてしまうのかも知れませんが、
どうか、「戒めで」という悲しい気持ちでご覧にならないでください。
このお話のおかげで何かいいことに繋がるように・・・。
私たちが反省すると同時に少しでも
命に対しての優しさがまた増えればいいなと思いました。
2009/10/21(水) 17:48 | URL | 羽 #-[ 編集]
うちも、ピコママと一緒に見てまし
たが考えさせられますね。
うちも子供には教えてるつもりだけ
ど、どこまでいってもつもりかもし
れませんし、なかなか難しいですよね。
うちも鳥の事故がないわけではないので、その後は子供も気をつけたり
してくれているので、今は事故がな
くみんな楽しく生活できているのか
なとしみじみ感じさせられました。

2009/10/21(水) 23:31 | URL | ピコパパ #-[ 編集]
★ピコパパさん
生き物と生活していく中で、絶対という言葉はいつもなくて、
思わぬ事故が起きてしまったり、それがきっかけになったり、
改めていくことで子ども達が理解してくれることも多いのかもしれません。
我が家でもいつ何が起こるかはわかりませんが、息子達も随分大人になり、
各自の担当も持たせられるようになりました。
彼らは彼らなりに可愛がっているのでやはりオカメ達は長男が、
コザクラ達は次男が大好きで、わたしたち以上になついています。
彼らは生まれたときから小鳥と生活してきたので、
14年以上、長男は16年も一緒にいることになりますね。

ピコパパさんちはお言葉通り、楽しく暮らせていて、
みんな幸せそうだなぁと思います。
ピコパパさんのブログを拝見しても、それがとてもでていて、
理想的だなぁと感じます。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン
2009/10/22(木) 00:03 | URL | 羽 #-[ 編集]
いかん・・・
このメロディー言葉が、琴線にふれる。
手を差し出すときは「おいで」声をかけてね。話しかけるのが大事だよ。
子育ては(鳥育ても)まだまだ続いてます。
「鳥の飼い主への10戒」どーんと、貼ってあります。
あー泣いたわ。こんな涙もいいものです。
2009/10/22(木) 08:50 | URL | mayuko #-[ 編集]
★mayukoさん
うんうん。いろんな意味で気づかされることがこの短いお話の中にぎゅっと詰まっていますよね。
やっぱり泣いちゃいますよね。
昨日、またcupが観てる横で泣いて、
「また泣いてるww」と笑われたあたし。どないよww
観た回数分泣くってww
2009/10/22(木) 11:04 | URL | 羽 #-[ 編集]
はじめまして
私のブログの方へコメントいただいてたので、さっそく私もブログ見に来ました♪

私もこれ見て泣きました。。。
そして、いろいろ考えさせられました。

私自身、今まで何匹ものペットを育ててきました。そして、何度も死に直面してきました。その時、「この子は我が家に来て幸せだったのだろうか?」と思う事も正直ありました。

今現在もインコ、犬がいますが命のあるものは必ず死が訪れるので、その時に自信を持って「この子は我が家に来て幸せだった!」と言えるようにしたいですね。したい。。。ではなく絶対に幸せにしてみせます!!

人間の子供もいるので、していい事、行けない事、そして命の尊さをしっかり教えていきたいですね。

2009/10/22(木) 12:47 | URL | newfoundlandDachs #-[ 編集]
こんばんは
泣いちゃいましたよー。

ペットショップなんかで、幼稚園の子供がセキセイの雛を買っていくの見て「大丈夫なんだろうか・・・」って思ったことがあります。

鳥達は言葉を喋らないから、幸せかどうか分からないけど、甘えてきたりするってことは幸せでいてくれるのかな~って思ってます。

これから私も子供が生まれたら、命の大切さをしっかり教えて生きたいと思います。
小鳥はとくに儚い命ですしね。
2009/10/22(木) 18:59 | URL | 梢花 #-[ 編集]
★ newfoundlandDachs さん
((8-(*'-'*)ノWelcome!ヽ(*'-'*)-8))来てくださって嬉しいです^^
('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン
絶対に幸せにしてみせる!!そう思いながら接していることで本当にそうなっていくんだと思います。
何事も、努力なしでは前に進まない。
お子さん達にもnewfoundlandDachsさんのような人に育っていただきたいです。うふふっ(*゜v゜*)
2009/10/22(木) 23:20 | URL | 羽 #-[ 編集]
★梢花さん
('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン
みんな梢花さんのことが大好きだからあんなにお話もできるようになったし、なんだかブログでもいつも愛情を感じるもの。
あの仔たちきっとすごく幸せだと思います。

お互いに大切な命を頑張って育てていきましょうね。
2009/10/22(木) 23:41 | URL | 羽 #-[ 編集]
日中、休憩中に私は見たのですが、
息子ともう一度さっき見せて頂きました。

息子は真剣に最後まで何も言わず黙って見ていました。
最後のテロップはさすがに我慢しても私はウルウルきてしまいました・・v-409

息子は以前私に言った事があります。
「ウロコインコ(とんチャン)はどんなに長く生きても15年くらいなんでしょ?
そしたら必ず俺より先に死んでしまうと・・。とんチャンの居ない生活は考えられないと・・」
私は言葉が出てきませんでした。

前にブログにも書いた事があるんですが、
とんチャンは、息子の父親代わりだった私の最愛の父が亡くなり
変わりに我が家へ来てくれた子です・・。

父は最期に命の大切さを身をもって私と息子に教えて逝きました。

そしてとんチャンもそんな私達に元気をくれた子です・・。

これからも大切に家族の一員として
暮らしていこうと思ってます。
cupさん・・素敵な動画ありがとう・・・。

2009/10/23(金) 00:27 | URL | お気にメスまま #-[ 編集]
★お気にメスままさん
お気にメスままさんのところはなんだかいつも明るくて、
いつも笑い声が聞こえてきそうなそんなイメージです。
お気にメスままさんがいつも息子くんときちんと毎日毎日向き合って、
とんちゃんを二人で一緒にかわいがっているのがとてもよくわかります。
本当に命の大切さを息子くんは理解して、ママさんは優しい子に育ててらっしゃるなぁと。
我が家もほぼ同年内にお迎えした子がほとんどで以前、
病院の先生に「お年をとってしまうのも一気にきますよ。そのときが大変かもしれませんね。」
と言われました・・・。
確かにみんなが同じ年でいるということはお別れのときも同時期に来てしまうってこと・・・。
私たちはそれに耐えられるのでしょうか・・・。
それを考えるとすごく怖くなってしまいます。
毎日笑顔をくれるこの子たちをどれだけ幸せにしてあげられるかわからないけど
そのときが来るまでがんばろうと思います。
2009/10/23(金) 07:59 | URL | 羽 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://petitesbec.blog26.fc2.com/tb.php/129-f6d7562e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。