マメルリハ、セキセイ、コザクラ、サザナミ、ボタン、ウロコ、オカメ達と、たった1羽のインコに出逢い鳥好きになった男と、生まれつき鳥好きな嫁と息子達の日記。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペットショップ巡りが大好きなcup&羽でございます。

ヒマさえあれば、いろんなペットショップ(鳥を扱っているお店)を覗きにいきます。

世の中には結構いい加減なお店も多くて、いろんな珍しい鳥を発見できます。

そのたびに嫁さんと2人で「なんでやねん!」とツッコミを入れるわけですが・・・。

今までに見た中で面白かったのをいくつか紹介しちゃいます。

たとえば、

「どこからどう見てもノーマルにしか見えないバイオレットと書かれたコザクラインコ」

なんてのがいましたね。

店員さんに「これ、間違ってますよ。」って言ったら

「???・・・」と何が間違っているんだろうと不思議そうな顔してました・・・。



他にはこんなこともありました。

個人で昔からやっているペットショップで、普段はセキセイやオカメ、文鳥など

いわゆるメジャーな鳥くらいしか扱っていないところなんですが

ある日そのお店を覗いてみると、珍しく「キビタイボウシインコ」がいるじゃないですか。

珍しいなぁって思って私がそのお店のおばちゃんに

「あ、これって・・・」って言いかけたら

「あ、これはね、え~っとね、え~っと、なんだっけな・・・」と悩みだしたので

私が「キビタイボウシインコだよね」って言おうと思ったら

「あ、そうだ、頭が黄色だからキガシラオウムだ!」と・・・。

おいおい、このおばちゃん、新種の鳥つくっちまったよ・・・。



あ、こんなのもあったな・・・。

「ブリード用ヤエザクラインコ」・・・。

私の知ってるヤエザクラは遺伝子の関係で繁殖能力を持たないはずだが・・・。



他にもいくつかあったのですが、いくら犬猫に比べてマイナーな鳥の世界とは言っても

お店で扱う以上は、もうちょっと勉強してもらいたいですよね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ほぅほぅ、
そうやって楽しんで回るという手もあるわけですかー。
私の場合、主人は鳥屋さんなんて着いて来てくれないだろうし、
チビは「怖い」だの「臭い」だの言うしで
なかなか行けません▼
それに、私自身どうもペットショップが苦手で・・・
環境がなってなかったり、体調不良が目に見えてしまうと、
可哀想で可哀想で、店を出た後もずっとブルーになってしまうのです。
でも、ホントはいろんな鳥さん見てみたいです。
KTSさんにも行ってみたいといつも思っています(*^_^*)
2010/03/01(月) 15:45 | URL | ひよママ #3XkOqNmY[ 編集]
★ひよママさん
命を扱うペットショップと言えども、「商売」である以上は他のお店と同じで、
経費をできるだけ抑えたいのはしかたないことなのかもしれませんが、
いくらなんでもこんな環境ではかわいそすぎでしょ?ってお店、結構ありますもんね。
そんな環境でただ生かされているだけ子を見ると、
ホントにかわいそうに思えてしかたないですよね。
ちなみにKTSさんは楽しいですよ~。
禽舎も清潔ですし、整った環境で鳥達がくらしていますからね。
2010/03/01(月) 16:25 | URL | cup&羽 #-[ 編集]
うちも先週の休みはペットショップ
を巡回してました。
これだけ飼ってると1ヶ月に1度は
何かがなくなるので寄らなきゃいけ
ないんですが、cupさんの言うように
適当なとこが多いのは確かですね。
特に中型インコなんかが餌が悪くて
やせ細ってるのを見ると救出したく
なってしまいます。
2010/03/01(月) 22:28 | URL | ピコパパ #-[ 編集]
★ピコパパさん
そうなんですよねぇ。
セキセイだろうが、ラブバードだろうが、中型インコだろうが、
同じような餌与えているような店もありますもんね。
いくら商売といえども命を扱っているわけですから、
「売る」ことや「利益をあげる」ことだけに一生懸命になるのではなく、
最低限必要な環境くらいは整えてあげてほしいですよね。
2010/03/01(月) 23:51 | URL | cup #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://petitesbec.blog26.fc2.com/tb.php/188-322d88c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。