マメルリハ、セキセイ、コザクラ、サザナミ、ボタン、ウロコ、オカメ達と、たった1羽のインコに出逢い鳥好きになった男と、生まれつき鳥好きな嫁と息子達の日記。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月に生まれたパズルとあずきのあかちゃんたち。
そのうちの一羽が亡くなったとのご連絡をいただきました・・・。

朝まで異常はなかったのに帰宅されたらもう息を引き取っていたそうです・・・。

小鳥の突然死。
以前、私もプイプイというかわいい子をある日突然亡くしました・・・。
小鳥は粟一粒が喉に詰まっただけでも窒息死してしまうということを
お医者様から教わりました・・・。
詰まっている状態でうまく対応できれば命は助かることもあることなのですが
プイプイもいつ、そういう状態になってしまったのかもあたし達は知りませんでした・・・。

飛んでいるオカメが突然ボトッと落ちて、すぐにくちばしに口をつけて
スーーーッ!!!!!っと吸い込んだらうまく詰まっているものが
とれて復活した事があるともうきんさんからも後からお伺いしました。
(その後めちゃめちゃ唇を噛まれたともww)

本当に何が原因なのか、わからないくらい
とても小さな出来事でも命を落としてしまう小鳥といういきもの。


亡くなった子は
緑のパズルと黄色いあずきから初めて生まれた青い子でした。
挿餌をしていた頃の動画を最近になってみて
「みんな元気にしてるかなー」と思っていたところだったので
もう悲しくて悲しくて辛い気持ちでいっぱいです。

ですが、こうして一番辛いお気持ちでいらっしゃる里親様から
このようにご報告下さる事は、あたし以上にもっともっと苦しく辛い気持ちを
また勇気を出してくださったのだと思うとますます胸が痛みます・・・。

本当に心からご冥福を申し上げます・・・。
どうか里親様の心が一日も早く癒えることをお祈りいたしております。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
小鳥の突然死なんて悲しすぎますね。
粟1粒でも窒息する可能性だなんて・・
あらためて小鳥のはかなさを思います。
留守のあいだに逝かれてしまうのは、
ちょっと・・かなり・・つらいなあ。
どうぞこの方も気持ちを落とさないように、
応援してますよって伝えてあげてください。
2010/12/09(木) 22:40 | URL | Rakuちゃん #sBoVkGw2[ 編集]
あー、なんかわかります。
最近私も一瞬ヒヤッとすることがあって…
小さな変化も見逃さないようにしなくちゃと思っていたところです。

自分の知らないところでの鳥さんの死ですが、
やっぱり悲しいですね…
2010/12/11(土) 13:23 | URL | ひよママ #3XkOqNmY[ 編集]
★Rakuちゃん
本当に突然やってくるお別れも
小鳥にとっては決して珍しいことではないって事がとても怖いです。
できれば看取ってあげたいと思いますよね。。。
とても優しいRakuちゃんの言葉にきっと彼女もきっと癒されると思います。
ありがとう。
2010/12/11(土) 20:35 | URL | 羽 #-[ 編集]
★ひよママさん
何が原因って、わからないこと程
あたしは自分を責めてしまいます。
だからどこまで出来ているかはわかりませんが、出来る限り後悔しないよう
いつも日々の小鳥たちの健康管理には気をつけているつもりです。。。
ほんと、お互いがんばりましょうね。。。

こうして留守中に何があったのかわからないのはとても辛いと思います。
本当に悲しいですよね・・・。
2010/12/11(土) 20:43 | URL | 羽 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://petitesbec.blog26.fc2.com/tb.php/298-1116f928
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。