マメルリハ、セキセイ、コザクラ、サザナミ、ボタン、ウロコ、オカメ達と、たった1羽のインコに出逢い鳥好きになった男と、生まれつき鳥好きな嫁と息子達の日記。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月3日~5日までのキャンプも雨に降られることもなく、渋滞にはまることもなく、

ごはんを焦がすこともなく、無事に終了。

アスレチックに釣り、サイクリングなどなど、久しぶりのキャンプを楽しく過ごせました。

帰りの車の中では、狭いところでインコがかわいそうだと、ケージから出してはみたものの、
ランボと息子
遊びつかれて、インコと共に爆睡・・・。

写真のように長男の手にはランボ。嫁さんの手にはチョモ。

そして私の肩にアンジーがとまっていたのですが

次男の手には何故か・・・
息子と・・・
赤福・・・。

実は彼は「食べ物で一番好きなのは赤福」と豪語し、

さらには問題発覚後、一時販売休止になり、そのあと販売が再開された時も

いち早く松坂屋まで赤福を食べに行くほどの赤福大好き人間なのです。

販売休止中の彼の口癖は「赤福食いてぇ」でしたね。

岐阜県にキャンプに行き、自分のお土産に「伊勢の名物 赤福」。

東海地区では、どこのS.Aでも見かける赤福ではありますが

岐阜にキャンプに行ってまで赤福を買わなくてもいいと思うのですが・・・。

しかも、私達の知らないうちに自分のお小遣いで購入。

家族でキャンプに行き、親にせがむことなく、自分で赤福を買う中学校2年生も

あんまりいないんじゃないですかねぇ。

ちなみに彼のNO.2は「信玄餅」です・・・。

ちょっと話がキャンプからそれちゃいましたけど、

とにかく楽しく帰ってこれてよかったです。

ただ、帰ってきたときにマメのヒナが孵化してれば、もっとよかったんだけどなぁ。

最初の予定日が3日あたりのはずなんで、期待してたんですが・・・。

帰ってきても孵化の様子はまったくなしです・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://petitesbec.blog26.fc2.com/tb.php/30-3bcdbc6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。