マメルリハ、セキセイ、コザクラ、サザナミ、ボタン、ウロコ、オカメ達と、たった1羽のインコに出逢い鳥好きになった男と、生まれつき鳥好きな嫁と息子達の日記。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウチでは、毎週水曜日がインコ達の体重測定の日と決めてます。

先週の水曜日もいつも通り、全員の体重測定をしてました。

みんな順番に測定していき、サザナミ(ブルー)のロビンの順番になったときに

「なんかおかしいぞ・・・?」って思ってロビンを見ていた嫁さんが

「あっ!!風切羽がないっ!!」って声を上げました。

見てみると、根元の方からごっそりと羽がなくなっているじゃありませんか!

ケガしたロビン


出血などはなかったので、あわてることはなかったのですが

病気なのかケガなのか、原因を追究するためにも

いつもお世話になっている「カルミア 小鳥の病院」で診察してもらうことにしました。

先生の診察の結果は

「病気やケンカとかじゃなくて、どこかに羽を挟んで抜けてしまったみたいですね。

骨や筋に異常なし。 すでに新しい羽も生えてきているので何も心配ありません。」

とのことでした。

あぁ~、よかった、よかった・・・。

でも、一体いつどこでそんな事故が発生したんだろう・・・。

まったく思い当たるところがない。

放鳥してるときは常にインコから目を離さないようにしてるし

掃除しててもケージの中に抜け落ちた羽なんて見たことないし・・・。

考えても考えてもわからない。

ちょっと前に、犬の言葉がわかる「バウリンガル」って商品があったけど

鳥の言葉がわかる「ピヨリンガル」みたいなのがあれば

ロビン、どこでやったの?って聞けるだけどな・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://petitesbec.blog26.fc2.com/tb.php/9-c06c174a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。